総合工学を学び、応用力を養成

電子・原子核・原子といった量子レベルの構成単位についての理解を深め、物質との相互作用を理解し、量子レベルの現象とその応用(医療診断・新素材開発等)について学びます。さらに、原子核反応によって生成されるエネルギーを制御して有効に利用している核分裂炉/核融合炉の原理・仕組みについて理解します。すなわち、量子エネルギー工学では、量子レベルの現象を応用までに繋ぐ複数の学問を融合した総合工学について学びます。

将来は先端的フィールドの研究者に

本コースを卒業すると、大半の学生は大学院に進学します。その後の進路は、大学、国際研究機関、国立研究所、民間研究所等の最先端分野の研究者をはじめ、インフラを支える電力・重電メーカーといったエネルギー基盤技術関連分野、医療診断・環境計測分野といった高度放射線応用分野、さらには、半導体・自動車産業といった総合工学分野など多岐に渡り、先端的な企業での研究者、技術者として、そして行政機関において行政官あるいは専門官として活躍しています。



Graduate School専攻サイト


学科パンフレット