QSE

エネルギー化学工学講座
放射化学分野

資源・環境との共生を目指したプロセス化学の展開!

放射性核種の化学的特性を知り、原子力と環境との共生を図る!基幹エネルギーとして原子力の利用は人類の将来を左右する重要技術である。このためウランやトリウムを含む鉱石からの核燃料製造プロセスの開発研究や燃焼後の核分裂生成物および未利用ウランなどの安全な処理・処分プロセス開発が求められている。さらに福島原発事故に関してはデブリ燃料処理や環境修復を図る必要がある。本研究室では、水溶液(湿式)系や非水(乾式)系における放射性核種の化学的挙動特性を把握し、高効率で廃棄物量の少ない核燃料のリサイクル方法や、レアメタル資源のグリーンプロセスの開発を行うとともに、福島原発事故に関わる放射性物質の挙動を評価し、安全な処理・処分プロセスの開発研究を進めている。また、廃棄物から水素等エネルギー物質を生成するようなプロセスの開発も進めている。

放射化学分野

研究テーマ

  • アクチノイド化合物の固体および溶液化学の研究
  • 核燃料サイクルにおけるフロントおよびバックエンド化学の研究
  • 原発事故に関わる環境修復および放射性廃棄物の処理・処分に関する研究
  • 排ガス等からの硫黄固定化および水素生成プロセスの開発
  • 放射性物質を含むレアメタル資源のグリーンプロセス開発
Page Top