QSE

“量子の力”を、未来を拓く力に。

量子エネルギー工学専攻は、原子力発電や放射線の利用に関する科学・技術の発展を担う総合工学分野として設立されました。時は高度経済成長期、本専攻の卒業生・修了生は高度な専門知識と独創力を備えた先導的人材として、エネルギー供給基盤や社会インフラを支え、産業界の発展をけん引してきました。

その後、時代と共に社会の要請に応じて、原子核工学を「量子」の領域へと拡張し、ミクロな物理現象を工学的に応用する取り組みを推進し、現在では環境・エネルギーから医工学に至るまでの幅広い分野で、先進的な研究を展開しています。また、原子力分野で発生している喫緊の課題の解決に向けて、これまで 蓄積した知見と技術を注ぐとともに、安全性と信頼性の向上に資する方策を探究しています。目指すのは持続可能な社会の構築。私たちの飽くなき挑戦は続きます。

量子サイエンスコースの受験を考えている高校生の皆さんへ